2009年06月26日

ドンデン山から入川へ

六月の上旬に
ドンデン高原に登った時のお写真ですわーい(嬉しい顔)
夕日に輝くお花たち


タニウツギ
d-huukei-yoko-1.JPG


花風景として撮ってみました黒ハート


サワフタギ
d-sawahutagi-1.JPG


このお花は落葉低木なんです。
もう一枚見てね〜目


d-sawahutagi-2.JPG


実はこの木
秋に瑠璃色の実がなるんですよるんるん
ストックにお写真がありましたのでUPしますね手(チョキ)

sawahutagi-1.jpg


ドンデン山荘に着いたとき
眼下には霧が出て残念ながら眺望をお見せできませんふらふら
またの機会にお見せしますね。

霧に包まれたドンデン風景
d-huukei-yoko-2.JPG


ロッジ前も霧が濃くなってきました・・・


d-huukei-tate-1.JPG

フランスギクとタニウツギが織りなす花風景も
霧のベールに包まれてちょっとロマンチックかしらハートたち(複数ハート)


d-huukei-yoko-4.JPG


無理にズームした両津市街です猫
私の通勤している会社もこの中にありますビル
右は加茂湖、左は両津湾


d-huukei-yoko-3.JPG


早く入川に降りないと夕日が間に合わなくなりますね。
登ってきた道と反対側に車を走らせます車(セダン)
入川は山の裏側にある集落で川沿いの渓谷を降ります。
車道脇はタニウツギのオンパレード


d-huukei-yoko-5.JPG


車を止めて


タニウツギ
d-huukei-tate-3.JPG


よく見ると昨年の花殻?種かしら?
残っているんですね〜目
とにかくお花が満開でしたるんるん
霧も晴れてきましたよ。。。


d-huukei-yoko-6.JPG


少し下山するとあちらこちらで
草丈のある白いお花が目立ってきました黒ハート


ヤグルマソウ
d-yagurumasoui-tate-1.JPG


近いところのお花を見つけましたわーい(嬉しい顔)


d-yagurumasoui-tate-2.JPG


ぐっとアップで見てみましょう猫


d-yagurumasoui-yoko-1.JPG


咲ききったお花の綺麗さにびっくりexclamation×2
一つ一つの小さなお花がチャーミングでしょう揺れるハート
お花にばかり夢中になって
葉っぱのお写真を撮りませんでしたが
このお花の名前は
葉っぱが矢車のような形をしているところから付いたそうです。


ここで出会ったお花はもう一種ありますわーい(嬉しい顔)


ヤマオダマキ
d-yamaodamaki-tate-1.JPG


このお花はよく見かけますが
山で見たのは初めてでしたから記念に一枚載せておきますねハートたち(複数ハート)
谷間の山は少々暗くなってきましたので
お写真は最終目的地の入川までお預けで走りました車(セダン)


posted by saho at 01:42| Comment(14) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
sahoさんは霧もしっかり味方につけて、まるで待っていて、狙っていたような一瞬として捉えていますね。

sahoさんの写真集を眺めては(本になった写真集を見てみたいです)佐渡に恋しています。

ツアーでノホホンと訪れて出会えるような光景では決してないことは重々分かっているつもりですが、ツアーをいろいろ眺めまくっている今日この頃です。
Posted by マサキ at 2009年06月26日 07:17
今日は
ドンデン山荘からの両津市街懐かしく拝見しました、
山荘前の斜面にフランスギク、タニウツギ沢山咲いて居て綺麗ですね、
山荘前で、バスを待つ時間両津湾を眺め至福の時間を過ごしました、花に島佐渡、沢山の花を楽しみにしています。
Posted by akira at 2009年06月26日 09:43
霧の中のお花たち・・・素敵です。
霧を味方につけるとお花もぐーーんと高感度がアップしますね。
私も何とか味方が欲しいのですが・・・なかなかうまくいきません。
それにしても佐渡は素敵なところですね。
Posted by KAEDE at 2009年06月26日 11:58
身近にこんなにすばらしい自然があるのって、いいですね〜。
霧の中で撮られた写真、幻想的でいい感じですね〜^^
一度は佐渡に行きたいなぁとママさんと話をしています^^

Posted by masa at 2009年06月26日 18:16
ドンデン山荘何時か行ってみたい。
見下ろす両津が小さいですね。
車で山を越えて向こう側へ降りられるんですね。
夕日が待ってるんだ。
ヤマオダマキいい色ですね。
Posted by 和さん at 2009年06月26日 19:36
sahoさんに案内してもらって花旅をしたような気持ちになりました。
ヤグルマソウの美しいこと!
ヤマオダマキにも見惚れます。
豊かな気分を頂きました。
有難うございます♪
Posted by のの at 2009年06月27日 21:08
こんばんは! 時々拝見させてもらってます!
ドンデン山荘懐かしいです。あそこのソフトは美味しかった♪
今年も大野亀のトビシマカンゾウ紀行で6月12、13、14の三日間佐渡をウロウロして来ましたよ。今年で9年目の毎年です♪
今年は大野亀周辺ではマイマイガの毛虫が大発生して結構騒ぎになっていましたね〜・・・。
聞いた所ではドンデン方面も酷い状態だとのことで、ドンデン山荘へは諦めました・・・。
来年は又ドンデン山荘へ行ってみよう!!!です。
Posted by 佐渡 閑蔵 at 2009年06月27日 22:03
マサキ さん、こんにちは(^^*)

お返事が遅くなってゴメンなさいね。
嬉しいコメントを有難うございます♪
佐渡は自然が大好きな人にはいい所ですよ(^0^)
ツアーは観光地をさぁーっと見て回るだけですよね・・・
私はツアー以外の佐渡で魅せてあげたいの(^-^)
春から撮りためた秘境をUPする予定です。
また見てくださいね。
Posted by saho at 2009年07月02日 12:53
akiraさん、こんにちは(^^*)

お返事が遅くなってゴメンなさいね。
ドンデン山荘の前にはピンクのタニウツギと白いフランスギクが
いっぱい咲き乱れ奇麗でしたよ♪
青空の下ではまた違った風景が見られたのですが
霧に包まれた雰囲気もめったに見られませんからね(^^;)
これからも花の島佐渡の魅力をたくさんお見せしたいと思っています(^-^)
Posted by saho at 2009年07月02日 12:59
KAEDEさん、こんにちは(^^*)

お返事が遅くなってゴメンなさいね。
佐渡はステキなところ。。。
そうでしょ〜♪
もっと魅せてあげたいの(^0^)
お花だけでなく風景もきれいですよ。。。
また見てくださいね(^-^)
Posted by saho at 2009年07月02日 13:02
masaさん、こんにちは(^^*)

お返事が遅くなってゴメンなさいね。
ブログのお引越しされたんですね?
後ほど楽しみにお伺いします♪
私の撮る佐渡は観光地もありますが観光バス
の行かないような秘境もお見せしたいのです。
また見て下いね(^-^)
Posted by saho at 2009年07月02日 13:06
和さん、こんにちは(^^*)

お返事が遅くなってゴメンなさいね。
和さんなら春のお花の季節に
ドンデンから金北山への縦走がお勧めですね♪
アオネバなどのお花畑が人気のトレッキングもかねて(^0^)
佐渡は1000mクラスの山で高山植物が見られるんです。
植物の南限と北限が重なる島ですから(^-^)
Posted by saho at 2009年07月02日 13:16
ののさん、こんにちは(*^_^*)

お返事が遅くなってゴメンなさいね。
私のお写真で花旅をご一緒してくださって嬉しいです♪
今年は出来るだけ魅惑的な佐渡をお見せしたいと
思っていますのでまた見てくださいね(^_^)v
ののさんへのご案内
ネットで鼓童のプロモーションビデオを見つけました♪
とても素敵ですよ\(*^▽^*)/
http://www.kodo.or.jp/news/20081210bravia_ja.html

こんな佐渡の風景も撮ってみたいと思います-☆
Posted by saho at 2009年07月04日 13:04
佐渡 閑蔵 さん、初めまして(*^_^*)


お返事が遅くなってゴメンなさいね。
>今年で9年目の毎年です♪
凄いですね(^o^)
私は今年二度目でした・・・
そのときのお写真は
http://saho.sblo.jp/article/29809603.html
今年は毛虫が多いんですよ(>_<)
大野亀に向かう道中でも上から暖簾のように下がっていましたね・・・
二つ亀も凄かったですよ(^_^;)
観光客に頼まれてお写真を撮ってあげてる間
バッグを下に置いていたら大事な私のカメラの上を
悠々と猫のしっぽのような毛虫がお散歩していました:-)
ドンデン山荘に向かう道でも同じような光景で
ウインドウにぶつかり散々な思いでした(-_-)
反対側に下山の折にはこのようなことはなかったのですが。。。
今年は異常ですね(>_<)
佐渡 閑蔵さんは時々私のブログを見てくださってるとのこと、嬉しいです\(*^▽^*)/
これからも佐渡のお写真をたくさんお見せしますので
また見てくださいね(^o^)
Posted by saho at 2009年07月04日 13:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/30079982
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック