2008年05月17日

恋の季節

風薫る5月は
雉たちの恋の季節らしいムード
先日国分寺跡を。。。車(セダン)
そのとき目の前を色鮮やかな雉が横断するではありませんか目
急いで車を止めてカメラを撮り出しました。


雉(♂)
kiji-osuyoko-1.jpg


無事渡りきった雄の雉さんでするんるん
漆黒のいえいえ深いモスグリーンの胸の羽と
緋色の鶏冠が綺麗ですね〜ぴかぴか(新しい)


kiji-osuyoko-2.jpg


こっちを見てるね目
車の窓からカメラで撮ってる私はかなり怪しいあせあせ(飛び散る汗)
ん?
わかったexclamation×2
目線の先はわーい(嬉しい顔)


雉(♀)
kijimesu-2.jpg


イケメンの雄を追いかけてきた雌です。
見失ったのでしょうか、林の前を行ったり来たり・・・
雄が鳴きました〜ハートたち(複数ハート)
たぶん「こっちだよ。。。」


このあと無事に林の中に消えていきました揺れるハート


posted by saho at 12:41| Comment(10) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
sahoさん、こんばんは
きれいな雉さんですね
私も雉に出会ったことあるけど
こんな風に写真を撮る余裕なんてなかったですよ
きっとラブラブな2羽がお互いを待っていたのね
Posted by panda at 2008年05月17日 20:44
pandaさん、こんばんは(*^_^*)

雄って綺麗なんですよね〜♪
今回あらためてそう思いました(^_^)v
綺麗な雉さんで運が良かったです〜
コメントありがとう(^^)/
Posted by saho at 2008年05月17日 21:10
こんばんは。
私も何度か雉と遭遇してますが、咄嗟のカメラを
構えるのが遅くて何時も逃げられています。
唯一撮ってる写真は走ってる写真です。
sahoさんは凄いですね
私はオスを撮るのが精一杯です。
Posted by m_tone at 2008年05月17日 23:06
きっとラブラブになったでしょう(^^)
それにしても雉というのは綺麗な羽を持っていますよね(^^)
Posted by しーたけ at 2008年05月18日 00:04
雉くんが警戒心もなく歩いていますね。
私も雉くんを田んぼで見つけてカメラを構えながら
追いかけた事がありましたよ。
よちよち歩いて意外とのんびりしてて面白かったです。
雌が追ってくるくらいイケメンだったのかな?
雉の世界も雌が積極的なんですね!!

Posted by pinboke at 2008年05月18日 00:47
鳥たちの羽色!!絶妙ですよね(笑
人には出来ない取り合わせが でもナイスなんです。もっとも人様にお見せするのが目的ではなくって・・・この為なんでしょうねぇ(笑!!赤も森へ入ると保護色になりますよね!!
Posted by at 2008年05月18日 07:57
m_toneさん、こんにちは(*^_^*)

お花を撮ってるときなど小鳥に出会うと直ぐ対応出来ないですよね。。。
私はそんなとき、マクロレンズのままでズーム効果を利用して撮っちゃうんです(^_^)v
雉さんは大きいので比較的撮りやすかったです♪

Posted by saho at 2008年05月18日 10:48
しーたけさん、こんにちは(*^_^*)

目の前にして雄は本当に綺麗だと思いました(^_^)v
雌は目立たないのでピント合わせに一苦労しましたが
子育ての時の安全対策はこれが大事なんですね(^o^)
自然は上手く造られていますよね♪
Posted by saho at 2008年05月18日 10:54
pinbokeさん、こんにちは(*^_^*)

実は雉さんは今月二度目の出会いなんですよ♪
遠くから中望遠レンズで見てるとけっこう楽しいですよ(^_^)v
一応お写真も撮りましたけど。。。
今回は150mmマクロで撮っちゃいました(^o^)
このカップルは県道を横断するときに離れちゃって
ちょっとハプニングって感じでしたよ(^_-)-☆
Posted by saho at 2008年05月18日 11:05
きさん、こんにちは(*^_^*)

鳥さんの雄は雌にアピールするための美しさなんですね♪
それと雌を守るために目立つ姿かもしれません(^_^)v
奄美ではこちらで見られない小鳥も多いですね(^o^)
いつも楽しみに拝見しています\(*^▽^*)/
Posted by saho at 2008年05月18日 11:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/15003304
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック